§底なしティーパーティー§


1997・12・16
 一年というのは本当に早いもので、今年も気がつけばもう師走である。
うちの紅茶屋も例年のごとく急に慌ただしくなり、紅茶を買いにだけ来店するお客さまが大変多くなる。
 毎年十二月中旬、紅茶好きの皆さんや私のティーセミナーに参加された方を対象に「クリスマスパーティー」を開催している。 おかげさまで今年もあっという間に定員オーバーになってしまった。
その内容は、まずクリスマスカラー(緑と赤)のストロベリーティーでお客さまをお迎えする (これをウェルカムティーという)。
私がこの日のためにしか作らない紅茶のアップルシナモンソースの たっぷりかかったアップルパイを、クリスマスプディングに見立て、パーティーを演出する。
ティーセミナーの締めくくりの意味もあり、パーティーセッティングを実演して、楽しんでいただくのである。  そのほかにも、チーズケーキやイギリス伝統のティーフードがテーブルの中央に盛りつけられる。
もちろん、紅茶は飲み放題。この日に集まる参加者は、言わずと知れた大の紅茶好きの人たちばかりだ。
しかし、三十人も集まると、大変な事態になる。パーティーで紅茶を入れるのは、ルールとして主催者であるこの私である。 パーティーに参加していただいた皆さんに、ごあいさつでも、と思っていても、どうにもならないのだ。
次から次へと空になったティーポットが私の元に返ってくる。ティーカップ五杯分入ったティーポットが、だ。 初めのうちは、自分の入れたポットの数を「正の字」を書いてチェックしていたが、「正」が五十を過ぎてから、 無駄だという事がわかった。五×五十=二百五十杯以上。さすがの私もあいさつをあきらめ、 紅茶を入れるのに専念するしかなかった。
 参加者は老若男女問わず、ただ紅茶が好きだという事だ。
初めて会った人たちが語らいながら、パーティーを楽しむ。 これが紅茶本来の楽しみ方なのだ。それが主催者の望みでもある。
 今年もそのクリスマスパーティーが間近にせまった。そろそろ年に一度しか作らない紅茶のアップルシナモンソースを準備しなければ…。


〜エッセイの目次へ〜
 

トップページへ