§ヌワラエリア ヌワラエリア ヌワラエリア§
2000・ 2・22
 早口言葉じゃないけれど皆でいっしょに、叫んでみよう。「ヌワラエリア、ヌワラエリア、ヌワラエリア」。 すらすらと読めた方は、アナウンサーになれるかもしれない。
いったい「ヌワラエリア」って何?と思うだろう。実はこれ、スリランカ産の紅茶の銘柄のひとつ。  今回は勝手に私の思い入れだけで、この「ヌワラエリア」という紅茶にスポットを当てよう。
初めに叫んでいただいたように、口が回らないという事で、一番注文が入らない。おまけに同じ紅茶の銘柄の、 ルフナやキャンディという名を付けたお店は全国にたくさんあるのに、店名にも使われない(私も含めて)。 そんな印象のあるこの「ヌワラエリア」は、世界にたくさんある銘柄の中で私が一番好きな紅茶だ。
確かに口が回らずおぼえにくいが、一度おすすめしたい。
 「ヌワラエリア」とは地名であり、標高一、八〇〇b以上の高地(ハイグロウンティーと呼ぶ)で作られ、 厳しい直射日光、多発する霧の中で、たくましく良質の茶葉に育つ。
特徴は、淡い緑色がかった水色(すいしょく)、味は強く、すがすがしい香りがする。どことなくせん茶の香りをイメージする。 飲み方としては、特にブラックティーがおすすめ。
是非、ようかん、かりんとうなどの和菓子とのペアリングで 楽しんでいただきたい。
 私がなぜ、こんなにこだわっているか?実は、私が紅茶の製造工程について勉強したのは、 この「ヌワラエリア」のラブキャリー茶園なのだ。
高地で現地の人といっしょに、どろんこになりながら茶摘みをし、工場に入り、萎凋(いちょう)、揉捻(じゅうねん)、 発酵、乾燥と紅茶ができるまでを勉強した。急斜面で危険な場所もある。そんな所にも茶木があり、 現地の人は命づなをつけて茶摘みをする。
 また発酵前までは、お茶は緑茶(グリーンティー)であり、それが六十分ぐらいの発酵でカテキン類(タンニン)が化学変化し、 紅茶が誕生する。今でも口の中でおぼえているくらい、おいしかった。
そんな経緯もあり、特別、おいしく感じる。パンチのある紅茶なので、初心者や子供には特にすすめないが、 紅茶教室の中級クラスには、間違いなく「ヌワラエリア」をすすめる。
 洗脳するわけじゃないが、紅茶通には特に理解してほしい。紅茶は畑で栽培する農作物であり、 命づなをつけて茶摘みをしている人がいるという事を。


〜エッセイの目次へ〜
 

トップページへ